検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

初ベリーシェイブ

2017.01.12
今年最初の、ベリーダンスレッスン。

続きを読む

舞台は傾斜している

2016.01.27
今日1月27日付・北海道新聞、文化欄で
1ページ全部を使って、タケル・コストさんのインタビュー記事が載ってました。
北海道ゆかり(母親が小樽出身)のダンサー、パリ・オペラ座バレエ団員。

客席から見える舞台ではなくて、
パリオペラ座の奈落で踊るコストさんの写真が面白くて、インタビューの内容も
興味深いものでした。

続きを読む

前後開脚が、できた!

2015.02.12
すみません、ちょっと、自慢になりますでしょうか・・
でも、ダンスをやっている方なら、当たり前のことではあります。

ジムで週1回、バレエレッスンを受け始めてから、1年半ちょっと。
やっと、前後開脚ができるようになりました!
前と後ろに足をぺったんと開くっていうの。
まだ、右足前のだけなんですが、すご~~く、うれしい♪♪


続きを読む

綺麗なラインと、正確なポジション

2014.07.23
KAZUMI-BOY先生のブログで、
祐飛さん劇場・La Vieの稽古進行状況を教えてもらってます。
タンゴの振付が終わったのですね~

 >やはりユウヒくんは、私の感性をキャッチするのが早い!  
    そして、一緒に物を創る作業が楽しい(*^^*)!

うれしいな。こういう文章が。

今日は、私、ジムのバレエレッスンの日だったのです。
ここで始めてから、ちょうど一年経ちました。
いまだに、良い姿勢、手の位置、足のバランスなど、
できないことばかり。
というか、やればやるほど、難しさを感じる。

KAZUMI-BOY先生の、少し前の記事で、
『制約からの自由』を読んで、その中の、
   バレエには制約がある。
   綺麗なライン、正確なポジションがあってこその自由・・
   という言葉。

今日、こちらのバレエの先生が、足のラインについて、
「日本人は手足が短くて不利。それを補うためにいかに
ラインを美しく作るか、努力する。
そのおかげで、より繊細な表現力が身についたりもするのですよ」と。

欠点を努力によって、魅力に変える、という言葉がいいなと思いました。
バレエ以外にも言えることですね。

ホットピラティス

2014.05.31
最近、ジムへは週に3度くらい行っている。

4月から授業スケジュールが変わり、土曜の午後が空いた。
それで、お昼のピラティスに行けることになった。
これが、とてもキツクて楽しい。

続きを読む