オキシモロン

今日、ふと開いた本の中に新聞の切り抜きがありました。
かなり古いものでしたが、ずっとおもしろいと思ってはさめてあった。
北海道新聞の夕刊コラムで、「翻訳家の独り言」というタイトル、
山本光伸さんが書かれたもの。

 オキシモロン(oxymoron)
辞書には、矛盾語法、あるいは撞着(どうちゃく)語法とあり、意味が反する二つの
言葉を並べて言い回しに効果を与える修辞法とされている。

 どうも、最近読んだ、ゴーリーによる絵本の
「華々しき鼻血」というタイトルが頭に残っていたらしい。
はな・はなと韻を踏んでいるけど、華々しいと鼻血は矛盾している。
ただ、それは意味が反する、というほどでもない。

 もっと、はっきりした例を山本先生が教えてくれる。

続きを読む

あえかなる・・・

昨日のプレバトの話、興味深かったので、
もう少し続けます。
俳句の、夏井いつき先生のおかげで、日本語について、
勉強させてもらってます。

 才能あり、の認定をもらった、りかさんの次に評価が良かったのが、
かなみちゃんで、こんな句でした。

  咲いて散る 幾重の記憶 おぼろげに
 

続きを読む

回文あそび


ときどき、ふと回文を語りたくなります。
よく行く図書コーナーで見かけることが多いからかな。
上から読んでも、下から読んでも、『とまと!』 って言う風なのが回文。

続きを読む

二つの墓穴

昨日の高校生クラスで、
気に入ったことわざに出会いました。

  Before embarking on a journey of revenge,

  dig two graves.


(復讐の旅に出る前に、墓穴を二つ掘れ)

なかなかドラマチック。ヅカファンが好きそうな、言い回しである。

続きを読む

回文あそび

前に、土居耕一さんの本を、ご紹介したことがあります。

今回は、また違う本なのですが、
図書館に本を返しにいったときに、たまたま、前の人の返却分の本が積まれていて、
『回文』という言葉が目に入りました。

私が、借りていいですか。回文って、好きなんです・・と言ったら、
どうぞ、どうぞ、まだまだありますよ、って図書館の方が。
とりあえず、その2冊のみ借りて来ました。
上から読んでも、下から読んでも「トマト」って、そういうのが回文。

  カカオ・トマト・おかか

  角煮か、果肉か?
   (『汐文社:みんなでグルグル回文あそび』より)

おもしろいですね。
前にも書きましたが、 No, melons, no lemon.は有名。
私、食べ物の文が特に好きなようです。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR