完食



母の今日の朝食風景。
完食でした。最初は点滴のみでしたが、入院5日後から
食事が出てきました。
「牛乳もちゃんと飲まなくてはね」と、がんばってました。
あしたから、歩く練習、リハビリ開始。
少しずつ、元の暮らしに戻れるように訓練して行きます。
90歳、もう一人暮らしはできないかもしれない。
でも、生きる意欲がすごい。やっぱり、私のおかあさんだ。

コスモス



今年一番のコスモスが咲きました。
畑ではない、砂利の中で。
タフな花です。

うちの母が先週金曜日、緊急入院となりました。
足の腫れで訪れた整形外科で、他の病院を紹介されて、
そこで診断を受けて、すぐに入院となったのです。
心臓が弱っているとのことでショックでしたが、その後、
母は無事立ち直りました。
足は元のままに細くなったし、最初はしょぼしょぼしてましたが、
今は目の光も戻って、話し方もしっかりしてきてほっとしました。
 負けるな、コスモス。

中村紘子さん



26日に大腸がんのためお亡くなりになったとのニュースを読みました。
悲しいです。
紘子さんはあこがれでした。私が娘を出産した後眠れないまま夜が明けて、
新しい朝、テレビをつけると、画面の中に紘子さんがいました。
教育テレビで、『ピアノのおけいこ』の講師をなさってました。
私は、生まれたばかりの娘がピアノが上手になるといいな、と思いながら
それを見てました。自分はピアノ下手だったので・・
その願いはかないました。娘はピアノで自分の気持ちを表現する子になりました。

私は紘子さんのCD「ショパン集」を持ってますが、
書かれる文章も好きでした。「チャイコフスキーコンクール」という本を
また読みたくなりました。
私が20代の頃、勤めていた会社の上司から、
「あなたの話し方は、中村紘子さんに似てるね」と言われたことがあり、
そのひとことはずっと胸に抱いていた、密かな自慢でした。
病気の合間も演奏活動を続けていらしたのですね。
素敵な音楽と、素敵な人生を見せて、聴かせてくださって、ありがとうございました。
 ご冥福をお祈りします。

ガザニア



この所、ぱっとしない天気が続いてました。
そんなわずかな日差しの下でも、ぽっかりと陽気に開いてくれる
ガザニアちゃん♪
霧っぽい世界でも、その周りはピカピカ明るくて、ありがとう!って
思うのです。

ブラキカム



雨が続いてます。
これは、オベリスクの一番下に置いてあるブラキカム。
霧雨の中でも、さわやかに咲いています。

夏のカード

P1020406.jpg
夏のご挨拶カードを2種類試作してみました。
左のカード、船がのってるのは楽しいけど、ちょっと面倒。
右の折り曲げてマスキングテープを飾りにするものの方が簡単でした。
飾りは、魚でも、花でも、水藻でも、何でもいい。
隠れた場所にこっそりメッセージを書くのもよい。

今、1学期最後の参観週間です。
生徒たちの発表などを聞いた後に、親とグループ懇談をします。
そのときに、生徒たちはこれを作ることにしました。
今日も私たちの話をちらちら聞きながらも熱心に作っている生徒たちが
かわいかったです。
右のカードはマスキングテープによって全然印象が変わります。
できあがりを比べてみるのも、おもしろかったです。

ポケモンGO 注意!

昨日の朝、誰もいない実家から母のいる病院へ向かうために、
札幌の街を歩いていた時でした。
繁華街へ向かう道の,前を行く人が挙動不審でした。
夢遊病者のように軽く揺れながら若い女の人が歩いていました。
麻薬をやってる人ってこんな風なのかなと気持ち悪さを感じていたら、
通りにさしかかり、彼女の目の前を警笛を鳴らしながら車が通り過ぎて行った。
危うく、車にはねられる所でした。
その後、何でもないように彼女はまた歩きはじめましたが、
私は近づいて、彼女がゲームをしながら歩いていたことに気づきました。

 これがポケモンGOか・・ついに北の街にも来たか。
私はゲーマーではないのでその楽しさはわかりませんが、
ゲームをするなとは言わない。でも、
   誰かを加害者にしないで。
   自分が加害者にならないで。
   ゲームで人生を狂わせるなんて、悲しいことにならないように
    使い方に気をつけて!

死と乙女たち

今日のニュースで、宙組初日「エリザベート」の映像を見ました。
この作品がテレビに映ることはめったにないので、新鮮でした。
そして、今回のトートもまた今までとは違った魅力がありそうだし、
エリザベートは安定しているし、フランツは気品があって、
ルドルフは役替わりで楽しみだし、ルキーニはもっと暴れていいと思うけど、
これからさらに深化していくのでしょう。
エリザベートは、出演者の可能性を広げてくれるミュージカルですものね。
初演から20周年、9回目のエリザベートで、初日に900回上演達成、と
発表になっていました。
音楽の素晴らしさ、人間世界の普遍的な葛藤も見られて、共感することも多い。
素敵な役が多い。私もこの作品で、うっすらと好きだった宝塚に完全にはまったのです。
きっかけとなった雪組初演ビデオを見たのは一路さんの卒業1年数か月経ってから。
すぐにFCに入りました。毎日毎日、このビデオを狂ったように見続けていた日々を思い出します。

さて、ここで「死と乙女」
祐飛さんの舞台で、いろいろ勉強しました。ヨーロッパにはかなり古くから若い娘が
亡くなると、それは死によって誘惑されて、別な世界に連れて行かれたのだ・・という言い伝えがあり、
それが絵や歌など芸術のモチーフになったそうです。
このエリザベートもその伝統を受け継いでいる。音楽などは今風にアレンジしてヒットしたものです。

私の母は今心臓が悪くて、入院中。4人部屋で、他の方も高齢の女性です。
みなさん明るくて、誰彼となく見舞いの人も加えておしゃべりしたり、なかなかいい環境です。
確実に死に近い場所にいる方たち。でも、乙女の恥じらいの心も可愛らしさもしっかりあるのです。
(関係なかったですが・・エリザにかこつけて、この数行を書いてみたくなりました)

わたしを離さないで



暗い内容ですが、読みだすとぐいぐいと惹かれてしまいました。
作者のカズオ・イシグロは日本生まれのイギリス国籍の作家。
初めて私は読んだのですが、私の友人の中では人気があって、今は私も
もっと彼の作品を読みたいと思っています。

今回読んだきっかけは、テレビを見たからです。
出演が綾瀬はるか、三浦春馬ということで想像していたどのイメージとも
違ったドラマ映像、暗いストーリー、行きつく所は哀しみ。
でも、怒りはないのですよ。最初はみずみずしささえ感じる。
「このミステリーがすごい!」で2007年度10位と表紙にあり、
あ、これはミステリーなんだ・・と気づかされた。

最初はこの語っている主人公がなにものなのか、見当がつかない。
そのだんだんにわかってくる恐さ。たしかにミステリー。
土屋政雄さんの文が静謐で、品があります。
これは原作の香りなのでしょうか。
こんなのあるわけないっ、と思いながらもその世界にどっぷりつかって、
主人公たちに心を重ねていました。

続・フランスの友達

よかった、メールが来ました。
元気そうな近況もわかり、うれしかった。
テロについては、元々問題があった子たちが不満をあのような形で発散しただけ。
真面目に生活しているムスリムがかわいそう・・と書いていた。
冷静な文に、ほっとした。
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR