芝公園


梅の終わりかけでしょうか。所所に濃い色や薄い色の梅が咲いてました。
芝公園に来たのは今日が初めて。美弥さんのお茶会・会場のすぐ近くだったのです。
私初めて梅の香りの優しさを知りました。
北海道では梅と桜が同時に咲きます。圧倒的に桜の方がインパクト強いし、梅はあまり目立たないのです。
この公園ではパンジーが植えられていました。寒そうでしたけどね。
家族連れが楽しげに憩っている風景、穏やかな日曜の夕方。近くに東京タワーが見えるのが素敵。
私はまだ雪に埋もれている私の花畑のことを思っていました。

2月26日、美弥さん入待ち


今は先程まで入待ちした場所を見下ろしながら、朝ごはん食べています。
私たちもあんな風に見えてるんだな、と思いながら。
だんぜんね、暖かい場所でのんびりコーヒー飲んでいるこちらより、
下のあちらの方が楽しいです。
東京も朝は寒いんです。
美弥さんはお洒落なのでファッションも楽しみ♪
結構パーツアイテムもデザインがこっているのを鮮やかにコーディネートして、その上にちょこんと可愛いお顔があります。
そして、独特の低音でしっかりとたくさんのファン一人一人に「ありがとうございます」と答えている。
久しぶりだけど、やっぱり変わらない美弥ちゃん入待ち光景。
今朝のポイントは濃いグレイのニット棒の頂上にあるポンポン。
大きく目立つオレンジで、後ろ姿もそのまんまるがかわいくて。
振り返ってばいばいした時に、周りはハートの空気がふあふあ飛びました。今夜はお茶会なのでもう盛り上がっている感じです。これから、私は二回目の観劇です。

月組「グランドホテル」


おもしろかったです。たまきくんを頂点として、新しいカンパニーがもう出来上がっている。芸達者て個性的で元気な組です。
ストーリーについて。みんな生まれたときは真っ白の人生の始まりだけど、長く生きているうちにくすんだり、汚れたりする。
誰かが死んでも、悲しくても辛くても、明日を生きていく。たまたま同じホテルで出会った人たち。
一晩の男爵との出逢い。愛されたことによって又自信を取り戻し踊り続けて行こうと決意するすでに若くはないバレリーナ(ちゃぴ) でも、彼女の明日は・・
ほか、それぞれかいま見える人生がなんとも切なかったり、いとおしかったり。
一番のなぞが、夏美ようさん演じるドクター、不思議な存在感です。
私も今、ホテルのベッドの上でこれを書いてますが、私にとってはホテルは素敵な非日常です。
窓の外に宝塚劇場が見えるんですもの☆
ショーも楽しかったです。トミーチューン氏がひとまとめで 優れたエンターテイメントだと言っていらした通りでした。
男爵とバレリーナ、結ばれてよかったね!とショーのデュエットで思えます。
しかし、美弥ちゃんが出ているときはどうしてもそこしか見えてないので、目がもっとほしい。他の人もみんながんばって、みんな素敵なんで、できることなら何回も通って楽しみたい公演です。

東京、晴れ


通い慣れた日比谷口でさえ、ブランクがあると通り抜けるのがうれしい。
東京は匂いがする、と今思ってる。春の匂いかな、人間がいっぱいいる匂いかな。
私の住んでいる町は今、雪の匂いがする。もうすぐ雪解けの土の匂いに変わっていく。

新千歳~羽田便は満席。
ひと月違いではあるが、6年前の3月の空席ばかりの羽田行き便のことを思い出していた。あのときは悲しかったな。

いくつになっても、娘は娘

昨年、我が家に同居し始めたときよりも、母はずっと元気になり、
毎日良く食べる。そして、しゃべる。
相変わらず、よたよた歩いて後ろに倒れそうになるのでそれだけは心配で
ときどき見つめている。
夫と母はもともと相性がよくない、はっきり言えば仲が悪かった。

続きを読む

春色の服を買う

今週末は東京にいる。
母は老人施設でショートステイさせてもらうことにした。そこで少しインフルエンザが流行り出したそうで、
母にどうする?と聞いたら、「大丈夫、気をつけるから」と力強く言ってくれて、
予定通りにそこに3泊することになった。
これで母がインフルエンザになったら、私あとで悔やむんだろうな。

先週、綺麗なワンピースを買った。
美弥ちゃんのお茶会に出るのは、1789以来だから1年半ぶり。
全然着ていくものがない。
なんか、私、浦島太郎のよう。東宝劇場も1年半ぶりなんだ、
ちゃんとお洒落できるんだろうか。
変な振る舞いして、浮いちゃうんじゃないだろうか・・、って心配するほど、
乙女でも繊細でもないけど。ずうずうしいおばさんだけども。
昨年の今頃は夫が入院していた。今は母も夫も一応元気なので、
私は行けるのだ。雪は大丈夫みたい。帰るまで何か起こらないように、って思う。
英検は終わったし、中学生の学年末試験は明後日で終わるし、
心配だった受験生も一応私立の方は受かったからほっとしている。
それでも、何かしら不安なのは旅立つ前のいつものことで。楽しみの裏返し。

これからの英語教育

固いタイトルですが、
昨日のEテレ「ニュースで英会話」の中で、鳥飼 玖美子先生のコメントが新鮮で、
深く共鳴したので書いておきます。

2020年に学校の指導要領が新しくなる。
これに向かって、今英語の必要性が変わっている。
今までは、4技能(聞く、読む、書く、話す)が必要とされてきた。
私もずっと研修などでそう教えられてきました。
でも、今は確実に変わった。話す(speaking)ことについて。

 かつては、spoken production(こちらから発する英語・・スピーチなど)が
できればよしとした。それだけでも大変ですが。
今は同等に、spoken intaraction(相互にやりとりする英語)が必要。

なるほど・・・今、世界は変遷の時。
ただ日本にいて、その流れに無関心でいるのも勝手だけど。
できれば、変わって行く流れの中に身を置いていろいろなことを知って行きたい。
難しいな。使える英語をこれからの未来を持つ子たちに教えることは。
そして、特に人との関係を築くのが苦手なことも多い今の子たち。
まず、自分たちが教えられるだけの素養があるか、が問題。
英語が普通の学科のひとつとなる小学校の先生の負担も増える。
大変だな・・ 私もがんばらなくては。

美弥るりか『Brilliant dreams +Next』no.2

2回めです。この前のあーさとのプログラムは妖しく魅力的だった。
今度はすごく楽しいです!
人選がいい。
  光月るうくん(研15)
  宇月颯くん(研13)
  貴澄隼人くん(研11)
  朝霧真くん(研6)
 この散りばめられ方がね、それぞれのトピックへの反応もコメントも
おもしろくて。いろんな時期があるもんだなぁ、と発見。
月組の雰囲気の良さ、仲の良さが感じられて、ほっこりする。
「大空祐飛さんが・・」なんて言葉も飛び出して、うれしかった♪


続きを読む

何といえば、よかったのだろう

電話の前で言葉につまることって、
めったにないけど。長く生きて来たし、大体のことは
初めてではないけど。

続きを読む

私もがんばるから・・

英検の結果が2日前に発表になった。
うちの教室生、全員合格した☆☆
 すごくうれしい。たまたま順当な級を受ける生徒ばかりの
年だったかもしれない。
それでも、5級を受ける中2もいれば、
      3級を受ける小学生もいる。

続きを読む

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR