すみ花ちゃんの、素敵な得技

 今月の、「スカステトーク・リクエスト」

鳳真由さんが、野々すみ花ちゃんをリクエスト。
まだ、最初の10分くらいしか見られていないのですが、
始まりからもう、楽しい。

すみ花ちゃんが、鼻を高くして、
これは、すごく得意なんです!と自慢したことは・・
 『鶏に卵を産ませること』

まゆくんが、すみ花ちゃんをリクエストしたのは、
同期の中で一番尊敬している人、だから。
花組で一緒に5年間過ごした。

「大切に花組で育ててきた子を、手放すのは残念ですが、
祐飛となら、いいか・・と思った」 と、 当時のはっち組長が語る。
 ↑あ、これは私の勝手な回想で、このトークとは関係ないです。

さて、その得意なことについて。
すみ花ちゃんの家は直売所を経営している。
お客さんが来て、卵を欲しいと言った。
卵は6個まとめて売ると、親に言われていた、すみ花ちゃん。
その時、店には5個しか置いてなかった。1個足りない。

すぐに、養鶏ガーデンに行って、卵が生まれそうな鶏を選び、
足のつけねをこう、きゅっと押したら(・・と、実演)
 卵がぽろっと出てきた。あつあつの~

「できました~」って、お客様に無事6個入りを渡すことができた。
たぶん、3分くらい待たせたくらいで。

 すごいね~、とまゆくん。
この話は、同期で有名なのかな。

今、思い返すと、
すみ花ちゃんは、伝統の、清く正しく美しいトップ娘役の枠に
はまっているようでいて、とても、自由。
何か超えた感じがしていたのは、こういう環境のおかげもあるのだろう。

祐飛さんとは7学年違った、年の差カップルだったけど、
その学年差を感じさせず、同等だった。
それは、祐飛さんの意向もあったのだろうけど、
すみ花ちゃんが、母性や、自然を感じさせる大らかさを持ってたから。
二人の感受性の共同作業は素敵だった。
こういう方に出会ったことは、祐飛さんの強運の中でも一番のいいこと
だったように思います。

 この後の録画を見るのが楽しみだ~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR