ジアウディン・ユスフザイのスピーチ

昨夜、Eテレのスーパープレゼンテーションを見て、聞いてました。
スピーチしたのは、教育活動家、ジアウディン・ユスフザイ。
あの、17歳でノーベル平和賞を受賞したマララさんの父親です。

私は、この最年少の受賞者に対して、少し斜に構えてたかな。
受賞前に自伝のような本を読んでいたので、今の彼女を作ったのが父親であり、
彼女は、父親の活動の一番の宣伝塔のような存在だと思っていました。
父親プロデュースで人気者になったアイドル、といったイメージ。

このスーパープレゼンテーションは、短い20分ちょっとの時間でありながら、
印象的なスピーチが多いです。
最初は英語の勉強のつもりで聞きはじめましたが、今は、
その内容に引き込まれています。

脳血栓で生死をさまよって蘇ってきた科学者がその臨死体験を語ったことや、
一番印象に残っているのは、アフリカの少年の実話。
貧しくて中学校に通えない少年が、図書館で一冊の科学雑誌を読み、
それにヒントを得て、自分の周囲にある廃材を使って風車を組み立て、
それで自家発電をさせたのです。
そのおかげで、家に電灯がつき、村にも電気をもたらすのです。
今はアメリカの大学で勉強しているその少年の語るスピーチに感動しました。
 ほんものだから。

今回は、ジアウディンはマララの出生のことなどをまず、話し始めます。
聡明な子で、できるだけの教育は与えたかった。
自分の娘だけでなく、他の子供たちにも教育は絶対に必要だと。

 
私には5人の姉がいました。
 私は、彼女たちのフルネームを知りません。いまだに。
 なぜかというと、その名前が書かれているのを一度も見たことがないからです。


そのスピーチをしんとした会場で、人々が聞き入っています。
想像もできない。自分の名前が一度も書かれたことがない世界なんて。

ずっと、母親もそうだった、幼いまま結婚して、子供を産んで、死んでいく。
そういう人たちはおしゃべりでないから・・学校にも行けず、外に話をする手段もなく。
スマホや、パソコンで他の場所について知ることもなく、声を出すこともなく、
一生を終えて行く人たちが世界にいっぱいいる。
でも、その人たちはその場所でひっそりと生きて死んでいくから、誰も気に留めない。

 でも、私は娘にはそうさせたくはなかった。
 私は自分の父親ができなかったことをするのだ、と思った。

 マララが銃撃されて、生死の淵を彷徨っていた時に、
 私は、自分のせいだと自分を強く責めた。
 その時、妻が言った。
   あなただって、命懸けで生きているでしょう、と。
 その言葉に救われた。


マララさんは、その後奇跡的に回復するのです。
そして、さらに強くなり、女性の権利、教育の権利について、多くの世界に向けて、
アピールするようになります。

彼女が欧米側の政策に利用されていると、自国パキスタンでは非難もある。
これだけ有名になれば、嫉妬も、中傷もあることでしょう。
でも、今の彼女を守るのは故郷ではなくて、欧米側のセイフティガードであることも事実。

彼女はこれから大人になる。
いろいろ迷うこともできて、父親と離れることも必要になるでしょう。
その時、どう生きていくか。見守りたいです。

 「どうして、あのような勇敢な、堂々とした子ができたのか、と 
  聞かれることがあります。

   私は答えます。私はただ、彼女の翼を切らなかったから、と」


ジアウディンは誇らしげに、スピーチを終えました。

フランスのある地方で、爆発装置を身に付けて、周りを巻き込み
亡くなった10歳の少女のことを先週、新聞で読みました。
その少女の背景は何も見えないけど、哀れでたまりません。
子供の幸不幸は大人が作ります。
マララはしあわせな家に生まれた。
今の知名度を力に、世界の子供たちがしあわせになるように、命に気を付けて、
さらに、羽ばたいてほしいです。その自由な翼で。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR