検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

演出家気分

2015.01.21
仕事でイベントはかかさない。
ハロウィンが終わったと思ったら、クリスマス。
そして、もうすぐ、ヴァレンタイン。
ヴァレンタインは男の子たちにチョコを渡し、女の子たちにも
何か、ちょっとしたものをあげるだけなので、準備は大したことない。
小さな生徒たちは、大好きなひとにカードを書かせている。

そして、3月末に、教室の修了式。
1年で1番大事なイベントだ。

今、その内容を思案中。
近所の会館を借り、夜に行う。そうすると保護者全員に来てもらえる。

1年の成果を見てもらうので、
発表など、工夫をする。
学年を越えて、コラボ劇などをする年もある。
その年、その年の生徒構成をみて、出し物を考える。
生徒たちに合っていて、みんなが退屈しないように楽しんでもらえる。
保護者さんたちにも喜んでもらえるように。

自分の子供はともかく、他の子の発表も熱心に聞いてほしいのだ。
それで、今年は主役が決まっている。
高3のトリを務める女の子。今、詩を暗誦するか、スピーチにしようか、
打ち合わせが始まった。
大学の推薦入学が決まったので、結構練習時間はとれるから、
いいものにしたい。

9年間がんばってきた集大成だ。
大きなスピーチコンテストでも受賞した生徒なので、度胸がある。
華やかな、かっこいいもので締めくくりたい。
そういうことを考えるのは、楽しい。

シングルマザーで、ずっと彼女を支えてくれた母親と、
送り迎えしてくれた祖父母への感謝の言葉も入れたいしな。

そして、その生徒がかっこよく去って行けば、
それを見ていた下級生たちが、今度はがんばる。

私がどんなに、なめらかにスピーチをしたとしても、
「それは先生だから、あたりまえでしょ」としか、思わないが、
少し年上のお姉さんがみんなの目の前で、鮮やかに英語を
何も見ないでキメれば、下級生にはいい刺激になる。
あこがれのお姉さんみたいに、いつかステージで発表したいな・・と
そう思ってくれたら、うれしい。

  エンターテイメントとして成立して、しかも、後進を育てるきっかけに
なるようなイベントにしたい。
  ・・なんか、宝塚に似てない??
全然規模は小さいけど、モチベーションをいただいてます。
 趣味も、仕事の役にたっている、ってことです。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する