アジアで花咲け なでしこたち


先ほど、図書館にこの本を返してきました。
NHK出版、ヤマザキマリ著。
私は見逃したのですが、NHK BS-1で好評放送されたドキュメンタリーと漫画のコラボ番組があり、
それが本になった。
道理で、写真が多く、レポ記事もあり、それに重複した内容で、
ヤマザキさんの漫画もあり、ごっちゃ煮じゃん!という印象でしたが、
こういう経過があったのか~

ヤマザキさんのバイタリティが、同じように、咲く場所は違っても、
アジアの各地でたくましく生きていく女性たちとの出会いで、
印象的な、元気あふれる本に仕上がってます。

決して、日本のようにものが豊富で、治安もまずまずな場所ではないのですよ。
でも、そこで生活すること、仕事をすることを選んだ人たち。
大事なことは、その場所、そこの人々を愛している。
これは現在進行形で、来年はまた状況が違っているかもしれない・・とも思える、
臨場感があります。マンガの力も大きい。ストレートに場面が飛び込んでくる。

トルコ、カンボジア、香港、フィリピンに住む4人の日本人を追ってのレポですが、
一番、ショックだったのは、カンボジア。
1970年代、ポルボト政権下では、文化に関係する活動が一切禁止になり、
音楽を演奏した、歌を歌った・・・それだけで、処刑されたそうです。
そんな親世代があったから、子供たちは音楽を知りません。
音楽が流れない生活って、想像がつかない。
そこへ今、音楽、特にカンボジアの伝統音楽の普及につとめている浦田彩さん。
  素敵な仕事ですね☆

この本で一番、今記憶に鮮やかだったのは、マリさんのあとがき。
『テルマエ・ロマエ』ヒット以来、すっかり人気作家になったマリさんが、
料理に手抜きを始めたら、イタリア人夫が、キレた・・という文。

やっぱりね~、そうだよね~・・と、妙になんか安心してしまい、
共感をおぼえました。
仕事の成功も、家族も、少しはいい奥さんでいたいという気持ちも、みんなわかる~
 よくばりでいることは、かなり大変。でも、がんばってほしい!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR