検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

列車と愛の物語

2015.02.01
moblog_2e036577.jpg
アレクサンダー・マコール・スミス著。

物語は、スコットランドからイングランドに向かう列車の中。
たまたま、同じコンバートメントに乗り合った初対面の4人の客。
それぞれの体験を語るのです。
人生のある切り取られた部分でしょうか。

一部、あれ、サスペンスかな?と思う場所もありましたが、
(作者は推理小説も書く人)あまり、語らない方がいいと思う。

私、列車の旅って好きなのです。
ゴトゴトなっている音がバックグランドで、特に誰かがやりあうとか、
感動するとか、そういう動きはなくて、
それぞれの話が、おもしろい。

初対面ですから、それぞれの英語を聞いて、
どこから来た人かなと、推測する時間があるのです。
オーストラリア人かな、ニュージーランド人かな、間違って言ったら、
悪いし・・と気を遣ったり。
アメリカ人かな、カナダ人かな・・と、想像するところもあります。
英語と一口にいっても、それぞれ違う。スコットランドなまり・・という表現も出てきて、
そんな、様々な英語がとびかう列車の中での、愛の話。
一期一会のこのときだけの、思い出語り。
そういう場面を想像して、楽しかったです。


Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する