2015_03
05
(Thu)23:27

月組、中日千秋楽(ニュースより)

書くのが遅くなりました。
月組さん、専科さん、お疲れさまでした。
温かい千秋楽、おめでとうございます。

轟さんバトラーは、孤独を背負って、悲しそうに見えました。
楽だから、特にかな。イシちゃんは、前よりもモノトーンになりました。
まさおくんスカーレットは、昨年は感じた、キャンキャンした感じがなくて、
落ち着いた、最後には土の上でたくましく生きていく女としての
リアリティが見えるような気がしました。

最後にみんなが立ってる時、薄い水色のドレス姿のちゃぴは
清純で柔らかで、
その隣の、美弥ちゃんは、黄色いドレスに黒い帽子で、
こっちはオシの強い風で、対称的でした。

美弥ちゃんベルは、ひいき目だから? すごくいいと思いました。
3回短い時間でしたが映って、それだけなんですが、
私はベルの人生がみえたような。すごく深い、切なく、温かいものを
感じました。きっと、何かつかんでいたと思います。
はまっていた。

祐飛さんが何度か言ってましたが、
女役を演じた後の、男役はまた、違った見方ができると。
美弥ちゃんが、どういう風に男に戻るか、楽しみです。


最後の挨拶では、
すーちゃんが、ここまで無事に来られたことへのお礼を。

それから、ご当地ジェンヌ4名の紹介。
轟さん、まさおくんの挨拶。
まさおくんは、専科の3名の方たち、それぞれにお世話になったことも
感謝していて。
イシちゃんは、少し寂しそうでした。
前に向かって手も振りつつ、後ろの月組子に向かっても、振っていました。

最後、轟さん「これから私たちは、風と共に」
    まさお「去ります!」

みんな、笑い。
風のように名古屋を去った月組さんたち。
もうすぐ、「1789」のお稽古が始まりますね。
  期待してます!

COMMENT 0