検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

DEATH AND THE MAIDEN ノート(5)

2015.04.13
観劇の日々が遠くなると、不思議なんですが、
だんだん記憶が浄化されていく気がしている。
あの日、観たものと今、思っているのとどちらが真実なのか・・
ジェラルドと、ロベルトは意気投合したようで、
二人の饒舌が続きます。

 ロベルト In fact, if you want to know the real real truth,
look, that's why I came here tonight ,to congratulate
you・・

      (あなたを祝福したくて、こうやって今晩お邪魔しに来たのですよ)

   ジェラルドが委員会に選ばれたことをほんとに、ほんとに
   喜んで駆けつけたかに見えるロベルト。
   善人に見えますね。
   その人が、ポーリナの宿敵だなんて思えないけど、そうだとしたら、
   何て皮肉なこと。

だが、委員会のする仕事には限界があると話すジェラルドに、
真実は追及さればならないと、力説するロベルト。
委員会の仕事について熱く語り合ううちに2時になり、帰ろうとするロベルト、
ジェラルドが泊まることをすすめる。
「妻も喜ぶことでしょう。明日は妻が朝食を用意しますからね」という
ジェラルドに、

 ロベルト
     Breakfast!
     I don't think we even have milk at our beach house.
     And the real real truth is that I am incredibly tired...


   (朝食ですって! うちの別荘にはミルクさえないことを
    思いだした。本当の、本当の真実をいうと、
    私はとっても、疲れているんです・・・)

そして、ロベルトは泊まっていくことになる。

ジェラルドは夫婦の寝室に戻り、妻に、
例の医者を泊めることにしたことを告げる。
明日、彼は私が車を拾いに行くのを助けてくれるだろう。
  聞いているの、ダーリン?

ポーリナ (as if half-asleep・・・半分、眠っているかのように)
   Yes, my love.

        (わかったわ)

ジェラルドの「明日、おいしい朝食を頼む」のあと、

Only the sound of the sea in the semi-darkness.
(ただ、薄闇の中に、潮騒だけが響いていた)


  ACT ONE の scene two(1幕第2場) はここで終わります。

 *前に、 Scene two を ACT TWO と書いてしまいました。
  修正しています。

 *この本は、FINAL DEFINITIVE EDITION の、DEATH AND THE MAIDEN を
  参考にしています。  


   恐いですね・・このあとが。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する