2015-05-21(Thu)

こだわりセレクション「帽子」

今回のこだわりセレクションも、名場面ぞろい。
帽子って、宝塚スターにとっては最強のビジュアルアイテム☆なんだな、と
あらためて思った。

 男役たちを引き連れて歌い踊る。
帽子だから、あまり顔は見えないからこそ、くすぐられる要素あり。
全体のひとかたまりとして、かっこいい。そして、トップはもちろん、断トツ輝いている。

 祐飛さんもありますが、あえて、その場面は続きに書きます。
帽子の祐飛さんの思い出は数多くあって、
私のベスト5は、「カサブランカ」の、リック。そして、今回のこれ。
さらに、「ラストパーティ」の、スコット・・・公園で、娘と踊る場面、よかったなぁ。
「パリの空よりも高く」のオープニング、シルクハット・・・これは、たまたまいい席で、
チョンパ、目の前に祐飛さん!という至福の時だったから、そのおすましの
麗しい、可愛い顔を鮮やかに憶えている。
そして、花組「Red Hot Sea」の中の、3人の一人。海に遊びに来た街の青年たち、
と言う設定で、かもめと戯れるのだけど、これが場違いな白いスーツ姿で。
でも、白い鳥とよく合っていて、青い帽子がさわやか。
祐飛さん、花組に来たんだな・・まっつと、みつるくんの間で一生懸命踊ってるなぁ、と
しみじみ、ほっとした場面なのです。

 どこにいても、帽子姿はきまっていたけど、
「カサブランカ」は、お披露目だったし、「ラストパーティ」は初単独主演だったから、
特別な状況であふれるほどの感情をひっくるめて、印象的な帽子場面でありました。
   番組については、続きに。
私はアラビアのリズムが好きなので、何度も書いているけど、「ルナロッサ」が
お気に入りのショーです。
めくるめく中近東の絵巻物、と言った感じ。
今日も、ジムでベリーシェイブというプログラムがあるので、この日は朝から
テンションがあがります。

 セレクションに選ばれたのは、その中の銀橋渡りソロで、
あなたに出会うために~♪と歌うあれ。
黒い透かしの帽子で、選ばれたコメントにもありましたが、
その隙間からのぞく祐飛さんの目の妖しさ。
あの頃のことを思うと、幻のような一夜のできごとって、そのまま、
祐飛さんを見つめていた日々に繋がると思って。
銀橋を渡るのを見ていても、こんなに近いのに実体はない男の人だ、と
いつも思っていたし、実際にいつかは本当にこの劇場から
いなくなってしまう人なんだとも覚悟していた、
だから余計切なく、いとおしかった。
 男役スターはそんな、儚い素敵な存在です。

他、帽子の場面挙げるときりがないけど、
「大海賊」のフレデリック、「ガイズ」のナイスリーとかね。(、どちらも再演がありますね)
ユニークなかぶりものとしては、ターバンの、「ダルレーク」ペペルも似合ってたな、
ジャワ独特の帽子、「ジャワの踊り子」のハジ・タムロンも印象的だった。
可哀そうだったタムロンが、妙に懐かしくなってきました。
    思い出話はここら辺で、終わりにしましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Powered by FC2 Blog