検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

HEADS UP! 祐飛さんインタビュー

2015.10.08
「OGエンターテイメントNAVI #170」より。
月曜に見逃したので、今日はしっかり見届けました。

製作発表の様子はネットで取り上げられてますが、
そのあとに、この舞台について語る祐飛さんは新鮮です。
紅いドレス姿。幾連も下がった耳飾りが女優らしい。
顔は優しく、穏やかです。



最初は、製作発表会の様子が紹介されていて、
ラサール石井さんと各出演者が思いを語ります。

祐飛さんは女優役で、今の自分と一致する立場だが、
舞台裏が舞台という変わった設定なので、違う感じで面白く演じたい、と。

そのあと、脚本を読んでわかったのだが、
HEDS UPというのは、
舞台には照明、セットなどたくさんの装置があり、つねに安全に
気を配らなければならない、ということ。
そして、くよくよせずに上を向いて歩いて行こう、という意味も兼ねている。

今までミュージカルをたくさんしてきたけれど、これは経験のない位の人間くさい舞台。
いろいろな人との刺激で新しい自分を出したいと思う。



 インタビューはもっともっと長かったのですが、とりあえず大まかに書いてみましたが、
あとで補足するかもしれません。
楽しみたい、エンジョイしたいと言っていた。
逆に、他の出演者とは違う立場であることを意識しつつ、気合いが
入っているのかな、とも思ったけど。
チャレンジャーな祐飛さんのこと、今回のお芝居もたくさんの方たちとの出会いを
楽しんで、糧にして、さらに大きな女優さんになられることを期待しています。
もうひとつ、自分はシリアスものを演じると思われてるかもしれないけど、
このチャンスを与えてくださった石井さんに感謝している、というコメントが印象的だった。

なんとなくせわしくて、心の余裕がなくなりかける年末に、
この元気になりそうな舞台を観られることのありがたさを思います。
やっぱりね、「死と乙女」のような作品で今年を終えるのはきつかった。
祐飛さんが演じる、真昼野ひかるという女優は、
主人公・加賀美舞台監督(哀川翔)の元妻・・・わけありですが、
二人だけの場面もあるそう。
性格はよさそうな女優らしくて、ほっとしている所。楽しみです!

 

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する