2015-12-11(Fri)

英語の散歩道(4)・・・a④

今日は真面目に、(いつも真面目だけど)
受験英語の講義のように、
派生語について、語ります。

派生語と言うのは、語源は一つで、動詞、名詞、形容詞、副詞・・と
似たような綴りで関係はあるけど、意味は違ってくるという言葉たち。

よく、派生語を一緒に憶えるといいよ、などと私も言います。中高生に。
でも、出来る生徒にとってはこれはお得感があるかもしれないけど、
英語が苦手な生徒には、かえって混乱のもとでもあることも知っている。

たとえば、excite.
日本人でも、興奮することを「エキサイトする」と表現する人はいる。
でも、これは正しくない。
 exciteは、「興奮させる」意味だから、

 正しくは I'm excited. 興奮させられる・・・受け身なんです。
過去分詞が形容詞のようになっている。
そして、exciting・・・これも、形容詞。
こちらは、興奮させているほうなので、「ワクワクさせる、面白い」という様な意味。
だから、
   The movie was exciting. あるいは、an exciting book となる。

この、excited と、exciting を混同する生徒が多い。
同様のことは、多いです。


 そして、本題。acquaint 関連で行きます。

acuaint・・to learn about, to know something
(動詞:何かを学ぶ、知る)

acquaintance・・a person whom one knows, but not well
    (名詞:知っている人、ただし、あまり親しくない)

acquainted・・familiar with(a person)
      familiar with,informed about(a subject)

  (形容詞:人や、何かについて知っている、知らされている状態)

  I am acquainted with the neighborhood(mathematics,the matter,etc)
この例文、最後の言葉を変えていろいろ使えそうです。
前置詞 withがつくのに注意。
いつも、I know ばかりでは、ワンパターンなので、これもおぼえたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Powered by FC2 Blog