検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密

2016.04.30


本はあまり衝動買いはしないのですが、今日、
フランス語のテキストを受け取りに行って、ついでに書店内をぶらぶらしていたら、
この本が目に留まり、開くともう、ゴーリーの魅力に捕えられ、
抜けられなくなりました。すぐ買いました。

 大人の絵本。
決して明るくない内容で、あと数mmで悪趣味の世界にいっちゃいそうなんだけど、
品良い、心地よさの中でとどまっているという、不思議な世界。
繊細な線。心が彷徨う人々の顔。言葉遊びのような文。
ゴーリーに一時期傾倒していて、周りにも勧めていたら、講師仲間が今度は
はまってしまった。私は彼女にゴーリー熱を移して、
自分は治ったつもりでいたけど、やっぱり、そうじゃなかった。
ゴーリーは本物。
ポストカードが8枚とじこみで入っているのもうれしいし、
全作を訳した柴田元幸さん、私は日本でゴーリーが人気が出たのは、柴田さんの
文章の力も大きいと思う。その柴田さんのインタビュー記事も素敵。

現在、伊丹市立美術館で、ゴーリー展が開催中なのですね。
残念、宝塚に行く用事を作ればよかったな。原画、見たい。
この後、福島、下関でも開催されます。お近くの方はぜひ、
この不思議な世界に入ってみてはいかがでしょう。



Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する