2016_07
10
(Sun)16:11

しゃくやく


雨粒を湛えた芍薬です。
紅いのも綺麗でしたが、白も清純で素敵。
実家の庭にあったのを我が家に移植しました。
その実家の庭はもうすでにマンションの駐車場になっています。
ここに命が繋がっていることがうれしい。
昨日から母の家に泊まって、先ほど戻ってきたところですが、
今朝仏壇にお参りして、写真の父の顔がすごく若くてハンサムなので、
笑ってしまいました。見慣れているのですが。

 「私たちはどんどん年をとっていくのに、お父さんはいつも若いわねぇ。
 気難しい人だったから、きっとおじいさんになっていたら、
 とんでもない頑固じじいになってるよね・・」と私。
 母が「そうだね、わがままな人だった」と言いながら微笑んでいました。
父は薔薇を育てるのが好きでした。

COMMENT 0