検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

寄生蟲図鑑

2016.11.23


この本、おもしろいです。恐いもの見たさなのかな。
読みふけっていたら、母が横から「難しそうな本を読んでいてすごいね」と言いました。
難しい、なんてとんでもない。
リアルなイラストが何ともいえず、魅力的。写真でみるよりもロマンがある。
学問的には難しいのでしょうが、それを楽しいと思わせる文の力がある。

『寄生虫は宿主なしでは生きていけない。宿主に害を与えることもあるが、
致命的な害を与えるような生き方はみずからの命も危うくするので、
ふつう寄生虫は宿主を殺さない』 (引用おわり)

変わった虫が様々にあって、ドラマチック。寄生虫と宿主の関係。
 それにしても怖かったのは、
 ロイコクロリジウム。
宿主のカタツムリをゾンビにして操り、鳥の大好物のように振る舞わせる。
カタツムリの脳を支配して、わざと危険な立場に落とす。
「私はおいしいのよ!早く食べて!」ってアピール。
そうやって、鳥に食べさせる。最終目的地は鳥だから。
   なんか、ぞくぞく来ません?

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する