It's a perfect combination !

今朝のニュース。
美弥さんのフォトグラフの後が、トミーチューン氏が語るコーナー、そのパート1。
聞き手は、演出の岡田先生、生田先生。
チューン氏は、うれしそうで、月組ほめちぎりでした。
わかりやすい英語で、好きな表現をいっぱいちりばめてくださったので、
印象的だったことを書いてみます。
このお芝居の準備段階として、
生田先生が最初にチューン氏を訪れて打ち合わせ、
その後は、メールで話し合ったそうで、
2人はすごく思いが通じる所があった。

He looks at with baby eyes.
(彼は新鮮な目でこの作品を蘇らせてくれた、ということを
こんな風にチューン氏は表現した)

たまきくんは、すでに出来上がっており自分が最初に彼女を
見たときは、男爵そのものだった。
たまきくんのデビューを、strongと表現。
グルシンスカヤは、年上の女性を上手く演じた。
歌も踊りも素晴らしい。
オットーは、
 So dear,dear・・
sweet sadness
.(甘い哀しみ)・・・

(私は前からこの『甘い哀しみ』という言葉が大好きだったので、
今回、チューン氏の口から美弥ちゃんのオットーへの形容に使われたのがうれしい)

チューン氏の発言で、
たまきくん、美弥ちゃんに関しても、she(彼女)で始まり、
その役を語るときは、he(彼)に変わる。その違いがおもしろい。

そして、その後のショーについては、
悲劇の後に、ハッピーなショーがついていて、
a perfect combination!ですね、と。
芝居で主演の2人は結ばれないけれど、ショーではハネムーンで世界一周を
している気がして来て、とても楽しくなった。
これはひとつまとめにして、パーフェクトなエンターテイメントであると。
これを聞いていて、私もハッピーになりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR