検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Open to the world

2017.01.15
宝塚ニュースより、
トミーチューン氏が語る、そのpart2。
岡田先生、生田先生が進行されています。

24年ぶりの再演で、
出演者、スタッフたちもとても喜び、はりきっている様子に、
チューン氏もいろいろ影響を受けた。宝塚は素晴らしい。

岡田先生から、『ブロードウェイのレジェンド』と呼ばれたチューン氏は、

 If young or old, it's important in life to keep learnig.
(いくつになっても、学び続けるということは人生の中で大切)と
言ってました。
キャリアのある方の口から出る言葉は力強い。
生田先生という異国の若い演出家に出会って刺激をもらった、と
いうのも真実なのだろうと思いました。
演出家の姿勢として、
 Open to the world.
心を開いて、ぶつかっていきなさい。いいものは取り上げ、ダメなものは
捨てればいいのだから。
その言葉に、先生たちがうなづいていました。

今、それぞれ違った状況にある3人の演出家が、
一つの作品を作る場で、お互いに尊重し合い刺激し合っている様子が
見て取れて、さわやかだった。
これは作品の力でもあるなと思いました。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する