2017_05
24
(Wed)18:42

赤坂を、るりか色に・・

昨日、ニュースで月組赤坂ACTシアター千秋楽を見ました。
真ん中で笑っている美弥ちゃんを見ているだけで、
こちらもしあわせです。
スカステさんが手際よくダイジェストにしてくれました。
単純な野心家だった青年が宮廷に入り、皆をだましているうちに自ら翻弄され、
葛藤のうちに成長して行く過程を、わかりやすく美しく演じています。
舞台の成功は周りの役者、スタッフさんたちがうまく関わって世界を作って
くれた結果です。感謝です。
長い宝塚人生の中で、初単独主演の舞台は一度だけ。
その輝くひと時に立ち会えた喜びを深く感じています。

 るうくんの挨拶も素敵だった。
『このお芝居のキーパーソンとなるサンジェルマンは、
歴史上、数々の謎を残してくれました。
それを私たちは想像力を持って命を与えて、30名で
作り上げました。・・・・
これからも私たちは、お客様に無限の想像力といろいろな夢を
あげられるように日々精進して行きます。

初日に美弥は、「赤坂の赤を瑠璃色に染め上げたい」と申していましたが、
今は、瑠璃色というよりむしろ、るりか色に染まりました』

 ありがとう、るうくん。
「ハリラバ」から何年経ったのでしょう。
立派な包容力ある長挨拶にも、私は感動しています。
無限の想像力、それは私の力の源です。

その後、美弥ちゃんはうれしそうに、毎日応援に来てくれた人たちに、
そして、観られなかったけど、エールを送ってくれた人たちにも
感謝を述べていました。
私の観た日も立ち見が出ていたし、この人気がうれしい。
明日から何を楽しみに生きればいいの?と嘆いている方は、
博多へいらしてください、とPRもして、
月組ジャンプも、楽しくれいこちゃんを巻きこんで、
めでたく終えて、全員がにこにこのうちに、閉幕しました。
ほんとに、月組さん、美弥ちゃん、感動をありがとうございました。

COMMENT 0

« PREV  Home  NEXT »