検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

美弥ちゃんと、しーらんの一期一会

2017.07.06
今日のニュースより。
スカステ開局15周年記念新設コーナー Ichigo Ichie
15にちなんで研15のスターたちが語る場所だそうで、
1回目は、美弥ちゃんと しーらん。
可愛らしいイチゴのクッションのようなものを、2人とも抱えている。
お部屋にいるようなリラックスした感じ。さすが同期。
率直なものいいが楽しいです。
 でも、一期一会って、茶道から来た言葉で、一生に一度の出会いに
なるかもしれないから、その機会を大切にする、というような意味。
同期は一会ではなくてずっと一緒だよね・・・なんてへりくつはやめましょ。
横文字になっているし、元来の4文字熟語にこだわることはないわね。

2人「一緒に出られてうれしいね。今は組が違うから。
   前に歌劇で退団したけど、スカステはめずらしい」

「スカステで2人そろうのは初めてじゃない?」と、しーらんが言ってたけど、
前にもありましたよ。『ライジングスターガイド』メイキングの進行役。
美弥ちゃんが月組へ組替えして少し後だったから、すごく二人の並びが
私はうれしかったことを思いだした。

初舞台のことや、星組時代のことなど、いろいろ話していた。
一番印象的だったのは、本科生時代の話。
「この時期にスカイステージは開局。前の年は、それぞれビデオやDVDを見てたけど、
スカステが始まってからは、寮のテレビでずっと見ていた。
フェアリーさんたちが美女そろいだな、と思った。お稽古風景が普段見られないことなので、
うれしかった」と。

本科の時代、しーらんは、「はりきりんぼさん」
 朝早く学校に行って予科生たちに煙たがられる。放課後も、
 稽古をして帰ってくる。学校に住んでいたの、としーらん。

美弥ちゃん「その頃のしーらんは目がきらきらして、2リットルボトルを
 男前にググッと飲んで迫力あった。怒られそうで私はおびえていた」

しーらん 「そのこと、知ってた」

 美弥ちゃんは、「さぼりんぼさん」
ギリギリに学校に来て、帰りは誰よりも早く帰ったそうです。
それでいて、成績は良かった・・とつぶやく、しーらん。
でも、卒業試験のピアノ『エリーゼのために』を弾く美弥ちゃんは、
ダメダメだったそうです。

 私、美弥ちゃんのファンだから弁護に入るけど、
多分、欲がなかったこともあるけど、当時の美弥ちゃんは体力が
なかったのでは・・と思う。学校の授業だけでいっぱい、いっぱいの子もいるし、
しーらんのように、気力も体力もあふれている子もいる。しーらんは変わらないわね。

今、うちの生徒たちで特に中学生。授業中、寝るのよ。疲れている様子に、私、
なんか可哀そうになってきて、しばらく起こせない。
中学に入って部活などでがんばると、どうしてもそのしわ寄せがくる。
それは体力のなさもあるな、個人差あるし、と最近も痛感しているから。
いろんな生徒がいます。それがおもしろくもあるのだけど。

 あしたはパート2.まだ続きます。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する