2017_07
30
(Sun)17:01

命の授業


今、ベッドの上でこの本を 膝に載せて書いてます。
腰塚勇人・著「命の授業」あまりにベタな環境におりますが。私は今は安静の身ですが、数日後には退院できる予定です。それでも、入院してから三日め、こうやってずっと病室の壁を見ていると、こんな生活が長く続くとしたら…などと考えていました。
この本の作者は、もと中学体育教師、熱血先生だったそうです。スキーの転倒で首を骨折、首から全く下が動かなくなる。
絶望して自殺未遂、それもうまくいかない。そんな中、家族、医療スタッフ、仕事仲間、生徒たちの支援により、奇跡的に回復したのです。今は、講演活動をなさっている。苦難を乗り越えて来た人の言葉は力があります。それによってまた救われている人がたくさんいるということに、心が明るくなります。

COMMENT 0