検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

腰塚先生の言葉

2017.07.31

写真は、命の輝きを感じさせるガザニアを。
昨日の本から。印象的な言葉を引用します。
「今のすべてを受け入れ、そのすべてに自分が責任を負い、すべてに感謝をする」
「出来事は、すべて必要があって起こっている、ということ」
「自分の本心や考えをジャッジ(判定)しないで、まず全部話を聴いてくれる人の存在」

私が付け加えたいことは、先生の事故に遭うまでの生き方が後の奇跡的な復活を作ったのでは、と。
寝たきりにならなかったのは、それまで鍛えた強靭な身体と精神力のおかげ。
周りの人々の温かい支えを得られたのは、それまで先生がその人たちと築いてきた堅実な人間関係の賜物だと思うんです。
自分の人生に責任を持つ、それを実証してこられた。
私は今、時間がたっぷりあります。
身体の苦痛もなくなり、静かに考える余裕がある。
後数日で元の忙しい生活に戻っても、「責任の中で生きる」という言葉は忘れないでいようと、思ってます。

腰塚勇人著「命の授業」を参考に書きました。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する