2017-08-05(Sat)

出会い、いろいろ



わずか8日の入院生活でしたが、出会いが濃くて。
入院した部屋は4人部屋で、うち二人は80代前半の方たち。
そして、私の向かいは40代の女性。さばさばした方で、すぐに親しくなり、
たくさん、たくさんしゃべりました。病人はあまりすることがないんです。
寝ている以外は。
それでも、私は寝ることやしゃべることに飽きて、
術後3日目からは廊下の支え棒でバーレッスンをしてました。

この写真は、最後に残った一人、81歳の方からいただいた、ペーパークラフトの
スワンです。昨日の退院直前にいただきました。
製作者のOさんも一緒にスマホで撮りますよ!と言ったら、いや、恥ずかしい・・と。
それで、手だけ。この方には、戦争中のことなど、聞きました。
人生キャリアのある方たちから、世間話を聞くのは興味深いのです。

 そして、病院には、医者や看護スタッフはもちろんのこと、
ヘルパーさんも多く働いていて、掃除や、配膳、お風呂の準備やいろいろなことと
してくれます。午後に飲み物を作りに来てくれるかたも大人気でした。
みなさん、明るく元気に振る舞っていて、いろいろな声かけをしてくれます。
入院病棟では、病歴の長い人ほど堂々としていて、スタッフさんとも仲良しで、
私のような滞在が短い客は存在感薄いんですよ。

あるスタッフさんから聞いた話。
カモメの声が聞える病院なのですが、東北大震災のすぐ後から、カモメの数が急に
増えたそうです。こちら北海道の太平洋岸の町。
東北から逃げて来たんだ・・かもめたち。もう、エサもなくなったのでしょう。
それ以来、住みついているそうです。
屋上に巣を作っているので、屋上の掃除が大変だそう。
カモメが来てから、カラスが来なくなった。カラスより、カモメのほうが強いんだよ、との
結論でした。そうなんだ・・・

 入院がなかったら、決して会わなかった人たち。
なんか、いろいろとね。暇だから考えるきっかけになった。
たくさんの人たちにお礼を言いながら、別れてきました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Powered by FC2 Blog