検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

中島亜梨沙さん(七海ひろきさん・スカステトークより)

2017.08.06
かいちゃんが、ゲストに選んでくれました。
懐かしい、羽桜しずくちゃん!
すっかり世慣れた感のある(あたりまえかっ)美しいお姉さまになってました。
亜梨沙さんについては、すでにNHK大河「真田丸」のときに記事にしましたが。
少し前に書いた、美弥ちゃん・しーらん、89期愛に引き続き、
こちらでも、かいちゃん、同期愛についてあつく語る。

 美弥ちゃん贔屓の私ですけども。
しずくちゃんは、大空ファンとしても、絶対に忘れられない人。
89期の初舞台公演、「花の風土記・シニョールドンファン」
そのときに、祐飛さんのお世話係りだったのが、桜トリオ。
羽桜しずくちゃん、妃宮さくらちゃん、桜寿ひらりちゃん。
私は当時、祐飛さんにはまりたての頃だから、そのお茶会ビデオを何度も何度も
見たのですよ。そこにゲストとして入ってくる初舞台生がういういしくて、もう!
その中で一番、おとなしかったのが、しずくちゃん。
だから、星組で次々と新公の良い役がまわって来たときにはうれしかった。
そして、妃宮さくらちゃんも、祐飛さんが宙組でトップ生活を始めたときに、
陰で頼もしく支えてくれたと聞いて、そこまで来たみんなのがんばりを思ってました。

「初舞台生ロケットの練習では、
みっぽーさん、すずしろさんに自主練を見ていただきました」というしずくちゃん。
懐かしい名前。みっぽちゃん、そして、涼城まりなちゃん(はぁと!)

 かいちゃんがリクエストしてくれたのは、
学校時代から、しずくちゃんと仲が良かったから。
入学前にお互い自己紹介をする機会があって、かいちゃんは、
しずくちゃんのことを、「美しいひと」「北海道から来たひと」として認識していて、
(しずくちゃんは何も憶えてないが)
ぽやんとした所が同じようだった自分とうまく行きそう、という気がしたそうです。
「お互い、ぴよぴよしていたね」と二人。
その後、互いの舞台を観に行って、それぞれの成長を見て号泣する二人。

  なんか、わかるなぁ。同期っていいな
特に入団前何もしていなかったしずくちゃんはすごく苦労した。
抜擢されて、人の何倍も稽古しないといけない。
それで懸命に稽古の日々。寮には門限があるので入れなくて、
すでに寮から出たかいちゃんのお家に泊めてもらったこともあるそうです。
「かいちゃんがいないときでも、合いカギがあったので入ってた」と、しずくちゃん。
 (恋人みたいね!)

しずくちゃんが、月組に行って、
ミーマイ博多座で、きりやさんの相手役としてヒロインを演じたときには、
観に行って、感動したかいちゃん。
あのときは必死だった・・と、しずくちゃん。

かいちゃんが、しずくちゃんのために、同期から2通の手紙を預かって渡す。
しーらんからの、温かい言葉。上下関係の厳しかった星組で、同期が励まし合った
様子、そして、しーらんがみんなをひっぱっていた様子が目に見えるよう。
大事な忘れ物をしたしずくちゃんのために(まとぶさんDSでかぶるカツラ)
しーらんが、送り届けた話とか。しずくちゃんはすっかり、それを忘れていたけども、
しーらんは憶えていた。

そして、みりおくんからは。
月組新公当時の相手役をしながら、しずくちゃんが必死に努力していたのをいつもそばで
見守ってくれたみりおくん。優しい手紙だった。
負けん気の強い月娘たちの中で、いきなり星組から来て輝く場所に立つ、
そんな怖さの中、しずくちゃんは大変だったろうな、と思う。
『しずピーへ』と封筒に書かれた、みりおくんの言葉は、当時の月組を
連想させる。しずくちゃんと入れ替わるように、組替えして行った同期のねねちゃんと、
れみちゃんのその後にも思いを馳せながら。
きりやんの相手役として試されていた時代・・いろいろ考えたんだろうなと。
そして、宝塚をやめて、カナダへ留学する、しずくちゃん。
帰国後、芸能生活に入る。すっかり大人になってたくましくなって。
同じ札幌出身でもあるので気になってる。これからも応援しています。

 それにしても、かいちゃん、
包容力が最近はんぱでない。変わったな。
組替えをして、宝塚愛がより強くなった。
そして、ファンの方に対する考え方が変わった。前はドライだったけど、
今は、自分を選んでくださったファンの方の心を絶対離さない!という
気構えができたそうです。確かに、最近、目力も強くなった。

 それにしても・・、がもうひとつ。
一回だけ出てきた美弥ちゃんの名前。
「いいわけがうまい・・・・美弥るりか!」二人で声を合わせた。
うん?どういう意味なんだ。どなたか、今度の美弥ちゃんお茶会で、
この話題をぜひ、美弥さんご本人に振っていただきたいですが。
ほんと、89期話、傑作でおもしろいです。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する