FC2ブログ
2018_06
01
(Fri)01:04

じたばたしている私

下の記事でも書いたことだけど、
母が認知症になりつつある。それが一時性のものか、これからどんどん
進んで行くものなのか、わからない。
でも、おそらく希望は持たない方がいいと思ってる。
母はこの5月に92歳になった。90歳までは一人で生活していた。
片づけ整理が得意で、(私は残念、その反対)
詩吟が趣味で、友達も多く、町内会活動もしていた。
しあわせなこと。ここまで来られたことに感謝しているし、
認知症についてはよく聞く。めずらしいことではなく、自然な老いの形、
ということも重々わかっている。
だけど、いざ、自分の母にそれが起こってみると。
すごくじたばたもがいている自分がいる。
受け止めなくちゃ、と理性で思っている。でも、まだ、時間がかかりそう。

今日、心臓の定期外来があって、そのことに触れて
次回の予約日(5週間後)に、診察前に認知症検査をすることになった。
私が信頼している、担当医師が言った。
「今、90歳のひとの半分は認知症なのです。そして、その5年後にはもっと
症状は進み、普通に動くことが困難になります」と。
はっきり言ってくださった。覚悟しなくちゃ。
私は、おねえちゃんだから。母が大好きだから、最後まで見届けようと思った。
とりあえず、来週に妹一家がやって来る。埼玉から、1年ぶりに。
母は妹のことはおぼえているけど、その夫、息子の名前は忘れてしまった。
この1か月でそうなった。毎日新聞を読み、習字を書き、脳活ドリルもがんばっていた、その母が。
信じたくないけど、これが現実。
妹が来る前にはっきりと言わなくては。

母に救われていることもある。いまだに、母はいろいろなことを教えてくれる。
今普通にあることの大切さ。
たとえば、夕食の献立を決めて、買い物をして、料理して、
お気に入りの食事を味わう・・・片づける。
それを全部自分でできることが、どんなにうれしいことであるか。
食べて、それを排出して。そうやってだけでも生きられる。
だけど、生活の中に喜びや悲しみやいろいろな感情がある。それが
私たちの生活を彩ってくれる。それがどんなに美しいことかを
今ぼんやりした世界に住んでいる母は教えてくれる。
今を自分らしく生きよう。今を楽しもう、と思う。

COMMENT 2

ひらめ  2018, 06. 01 (Fri) 19:47

ほぼ毎日読ませて頂いてます。高齢での一人暮らし凄いなと勇気を貰ってましたが転倒からでしたっけ....今日の記事でとうとうと言う感じで己の親を思い心乱れています..

Edit | Reply | 

でるふぃ  2018, 06. 02 (Sat) 00:29

ひらめさんへ

コメントありがとうございます。
ずっと一人でたくましく生きてきた母だったので、うちの母は大丈夫かも、という思い込みがありました。
情けない位、ショックです。
でも、これが生きるということなんだな・・と、教えられています。

Edit | Reply |