検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

La Vie 千秋楽

2014.08.25
昨夜は、家を出る気忙しさや、
大きなギャラリーで全く違う傾向を持つ画家の絵を観た後でもあり、
私、疲れていたと思うのです。
楽しかったのですが、余裕がなかった。
ほとんど、祐飛さんしかみつめてなかったし。
ま、いつも観劇初回は私の場合はそんなものですが。
今日、二回目。
このカンパニーが優れたダンサーそろいで、
コーラスもパワフルに、祐飛さんを盛り上げてくれてるか、よくわかりました。
そんなプロ集団の中で祐飛さんがやりたかったことは、
シャンソンが歌いたかった。
ジャズを歌いたかった。
ある激しく生きた芸術家の人生を演じたかった。
ときにパントマイムといった今までにない表現法にチャレンジしたかった。

最後にシンプルな衣装で、
ライフ・・エヴァ~グリン♪と歌いきったのを見て、聞いて、
涙がこぼれました。
膝小僧かわずかに見える丈のスカートで、
すっかり、女の人になって、
輝いている。幸せそう。

これが、退団直後のコンサートかなにかだったら、
こんなに感動はしない。
退団発表時、「男役イコール自分のライフスタイルだったから、卒業後の自分がどうするかは全くわからない」と語っていた祐飛さん。
その言葉の通りに、男役を失って、祐飛さんは一度は消えた。
私たちの前から。
一度は存在を無くした。

そして今、新しい自分を生き始めた。
今度は、卒業はない。
道は全部自分で決める。
これが、祐飛劇場の vol.1、
それをたくさんのファンが見守っている。
みんなが幸福を共有してました。
スタンディングして拍手しながら。
それは宝塚のときと似ているけど、違う。

雨のなか、指示もないのに馴染んだ習性のように
いつのまにか整列しているファンたち。
しばらく待って現れた祐飛さんは、
ほんとに、清々しく晴れやか。
いい笑顔でみんなに応えてました。
素敵な夜でした☆

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する