2014_09
05
(Fri)22:06

こだわりセレクション「羽根扇」

9月放映分、始まったばかりなので、
ネタバレ注意。
 続きに書きます。

私、羽根扇、好きなんですよ。
優雅で、舞台が華やかになります。
複数で、それも多人数で振ることが多いので見ごたえがあります。

あれを柔らかそうにふるだけで、すごい筋トレになることでしょう。
いくつも好きなショーが紹介されましたが、
白い扇だけでなく、ピンクや黒、色によって、見映えが全然違う。

大空ファンとしては、まず、「花の風土記」の、さくら幻想。
ミエコ先生と、りかさん、くららちゃん。
幸さん、さえちゃん、きりやん、そして、祐飛さん。

確か、私のビデオでは、祐飛さんはさえちゃんの裾をちょっと
踏んでいたような記憶があります。
無事でしたけどね。
扇振って、人数多くて、結構テンポも速くて、難しかったのでしょうが、
エメラルドグリンの衣装で、ボレロのリズムも斬新で、
素敵でした。

(花の風土記は、美弥ちゃんたち、89期生の初舞台公演でもある。
今年の月組祝典公演でも、まさおくんを中心に、扇を使って素敵なのがありました)

そして、大空さんファンとしてうれしいのは、
というより、外せないのは、「ルナロッサ」中詰め。

歌い出しが、いっちゃん(鳳樹いち)というのもうれしいし、
祐飛さんが扇を降って銀橋に行く。
みんながついていく、色とりどりの衣装。
異国情緒のある音楽、やっぱり、好きです、ルナロッサ。

ルナロッサは、先月スカステで、何度か放映されていました。
一夜の幻想でもあり、実際の人生をたどっているようでもあり。

私には、一夜訪れた客、ハンサムな紳士を祐飛さんに重ねていた。
宙組に降り立ってひととき、一緒に楽しい時間を過ごし、
いつか遠くないうちに、ここからいなくなってしまう祐飛さん、という覚悟を固めていた。
夢のように楽しい今を楽しまなくちゃ!と、切なく心に言い聞かせていたのを思い出します。

今思うと、タカラジェンヌたちみんなが旅人のよう。
いつかは去って行く人たち。だけど、
100年の長い歴史の中で、その5分の1を過ごし、トップまで上り詰めた祐飛さんは、
やっぱり、旅人ではない。
しっかりと、夢の国の住人、私たちの王子さまで在ってくれたのですね☆

 この番組宛、ルナロッサをリクエストしてくださった方たちへ
   ♪ありがとうございます♪

COMMENT 2

ハイジ  2014, 09. 07 (Sun) 16:04

祐飛さん

優しい文章と綺麗なお花が嬉しくていつも読ませて頂いてます。
宝塚遠征の時にカレーを煮込まれている姿が自分と重なります(笑)

アヒちゃんのブログ読まれてますか?
祐飛さんの写真がアップされてますよ。
もし、見られて無かったらと、余計なお世話ですがお邪魔しました(^^;

Edit | Reply | 

でるふぃ  2014, 09. 07 (Sun) 19:28

ハイジさんへ

 コメントありがとうございます。

やっぱりね、カレーですよね。(^^)

あひちゃんのブログは、前に読んでましたが、
また今行ってきて、二人のなごやかなショットに
にっこりしてます。
せっかくお知らせくださったので、上の記事にしてしまいました。
ご紹介ありがとうございます♪

Edit | Reply |