2014_09
20
(Sat)23:51

上から目線

昨日、小学3.4年クラスを教えていた時のこと。

私が、生徒について注意して、○○しなさいね、と言ったらしい(あまり、おぼえてない)

小4ちゃんが、「今の、上から目線みたいだね」と、私の言葉をとらえた。

私は驚いて、(生徒から、そんなこと言われたの初めてだった)

  「わたし、先生だから。年上だし・・(上から目線は当然)」と返したと思う。

今、思い起こすとおかしい。
むきになって、まともに答える自分も笑える。
その子はプライド強い子。よく、できる。
2年くらい前は、もっと強烈だった。
アルファベットの書き方が変だったので、ワークブックの中に注意書きをしたら、
その、私の赤ボールペンの字を、消しゴムでゴシゴシ消していた。
訂正されるのが、大嫌いなのだ。

がんばってる様子は好もしいし、背伸びしている所が微笑ましくもあるのだが、
いざ、授業になると、こっちも大人げなく、むっとすることがある。
半面、この子、頼もしいし、成長が楽しみなんだ。

COMMENT 0