2014-11-01(Sat)

ハロウィンパーティで、うれしかったこと

先週の土曜日に、パーティを行いましたので、
もう、一週間経ったことになります。

すごく、うれしかったことがあって、忘れたくないので
ここに書いておきます。
ゲームで、Mummy Wrap というのをしました。
トイレットペーパーを使って、ミイラの子にどんどん巻きつけて行き、
2チームに分けて、どちらのミイラの方がかっこいいかを争いました。

小1と、小2の男の子たちが、ミイラになりたい人?で、手を上げて、
上級生のお姉さんたちにぐるぐる巻かれていきました。
じっとしながら、目をきょろきょろさせていて、緊張感に耐えている様子が
可愛らしかった。
せっせと協力して巻いている生徒たちの様子もおもしろかった。

そして、ゲームは終わって、1チームは、ぐるぐるを上手にはがして行きましたが、
もう1チームは、ミイラちゃんが待ってたかのようにバサバサっと、破って出てきました。
その様子もおかしくて、場内がわきました。

すると、すぐに、巻き係りの小2から4年の女の子たちが、
ステージから降りずに、その使ったトイレットペーパーの切れたのを
まっすぐにして並べ始めました。お母さんたちの前で、いい子になりたかったのかも。
客席の保護者さんたちが、にこにこして、それをみつめていました。

でも、私は「ありがとう、でも、私が後でするから、そのままでいいよ」と言って、
舞台の下で、次のゲームを始めました。
その後、トリックオアトリーティングに出かけることになっており、
訪問先のお店を待たせても申し訳ないので、急ぎたかったのです。
その後、生徒たちと私は町に行進に出かけて、お菓子をもらって、
その場所で解散。みんなと、お別れして、
私だけ、会場に戻ってきました。

 びっくりしました。
片付いているのです。壁に貼ったもの以外は何もかも。
ここ数年は、椅子はみなさん、自主的にかたづけてくれるのですが
(町内会館なので、しまい方法など慣れている)
感激したのは、ばらばらになっていたはずの、トイレットペーパーが
ちゃんと巻き戻っていたこと。

あとで聞いたら、あの女の子たちのお母さんが片づけてくれたそうです。
いつもは、このイベントが終わった後は、
祭りのあとの寂しさと言うか。
大きな会場で、たった一人で片づけていると、満足感もあるのですが、
泣きたいような寂しさに襲われることもあるのです。
にぎやかに楽しく過ごした年は特に。

自分の子が小さくて、この中に混じったいたときのことを思いだしたり。
でも、この夜は、心がほっこりして、
しあわせだった私でした。

ありがとう、生徒たちに。そして、お母さんたちに。
私、ちゃんとお礼を言っただろうか。ちゃんとしなくては。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

でるふぃ☆

Author:でるふぃ☆
 私の花畑へ、ようこそ!

北海道在住。塾講師。
ニックネームのでるふぃは、花の名前デルフィニウムから、つけました。
夏に咲く、背の高い青い花です。

宝塚ファンで、ささやかにおっかけをしています。
ライブの熱気に勇気や元気をもらっています。
ゆうひさんや、美弥ちゃんや、好きな花や本の話、
とりとめもなく話して行きます。よろしければ、お付き合いください。
 よろしく、お願いします。



CURRENT MOON

最新記事
英作文のフルーツフルイングリッシュ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Nice to meet you!
アルバム
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Powered by FC2 Blog