検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

壱城あずささん

2014.11.06
スターロングインタビューを先ほど、見てました。
いつも、明るく、よく気がつく、しっかりもののイメージのあった、
星組の、しーらん。

 そうだったんだ・・・涙ぐんでいた。やっぱり、熱いひと。

挫折して、もう、だめだと思ったことが2回あったそうだ。

その1回は、「太王四神記」
柚希さんのお披露目だし、柚希さんに近い役がいいと思い、
タムドク組に入りたい!と思っていた。
それで来た役は、セドル。がっかりした。
タムドク組じゃない。一場面しか出番がない。すぐに死ぬ。
星組で、壱城は必要とされてないんだ・・と思い、落ち込んだ。

でも、大武道大会の場面、自分は長になって、
下級生たちをひっぱっていく役目があった。
難しい場面でどうしようかと思っていたら、下級生たちが、
壱城さん、お稽古を何度でもしましょうよ、とついてきてくれて、
励まされ、そして、セドルという役も、
深く背景などを考えて行ったら、愛着が出てきて、
今は好きな役のひとつになった。

私は、ガッツといわれているけど、
情熱がとめられない性格で、上級生たちにやりすぎだよ、と
言われてもいるけど、これが私。
ガッツがなかったら、私らしくない。これからも、そう。

自分は今まで悩んだことが多かったから、
下級生を見ると、今どういう状態にあるか、わかる。
辛い時は支えて上げたい。

ずっと、お世話になってきた柚希さんと、同期のねねとの日々も
限られたものとなった。
しっかり盛り上げて送りたい。



 以上、長いインタビューでしたが、
まだ、録画見直してはいないので、大雑把で、ちょっと言葉違うかもしれないけど、
印象に残った言葉を書いてみました。

やさしい人なんだと思います。
そして、今までいろいろ辛かったことも糧にして、たくましくなった。
最初から強いわけじゃなくて。
美弥ちゃんとの役替わりについて、同期で仲良しであり、刺激にもなった、と
語ってます。
 (今、スカステで、星組・中日「ノバボサノバ」美弥ちゃンマール・バージョンを
  放映中)

しーらん、そのガッツで、
これからも、走って行ってね。しーらんのこと、もっと知ることができて、よかった!
   これからも、応援して行きます。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する